【ライフブックその4】プロダクション業務の國分さん


PAK55_hokotenowarimadika20140914001500

今回のゲストはプロダクション業務の仕事をしている國分さんです!宜しくお願いします!


では、性別と年齢を教えてください。

男です。年齢は三十代後半です。

今の職業は何でしょうか?

プロダクション業務をしています。内容は原稿制作などです。

プロダクション業務をしている理由は何でしょうか?

10代の頃は不登校をしており、それから引きこもりを引きずっていたからです。就職はしたことがありません。

プロダクション業務の中、吃音による悩みはありますか?

特に悩みはないです。
吃音の症状は出ますが、特に問題ありません。

吃音の症状はいつ頃からですか?

幼稚園の頃です。

どもりが出てしまう苦手な言葉はありますか?

か行や、た行が苦手です。
苦手な言葉というより、状況によって言えたり言えなかったりします。

吃音改善のために通院や矯正など何かしたことはありますか?

強迫神経症のため病院に通ったことがあります。
また、DAFという装置を用いて半年間ほど訓練を受けたことがあります。
自分の声を遅らせてヘッドホンで聞きながら発話する装置です。

DAFの訓練の効果はどうでしたか?

1日に1時間ほどの練習を毎日自宅でやりますが、ちょっとしんどくて長くは続きませんでした。
しかし装置を使いながらの発話は流暢に話せて、個人的に効果ありました。

症状に悩んだ時、元気を取り戻すためにすることは?

タバコを吸うこと。

今の夢や目標はありますか?

店の経営をしたい。

では、最後に他の吃音者に一言お願いします。

表面的な対象療法など一時しのぎの療法は好きじゃないです。
薬治療など否定はしないが、メンタル面から改善したほうが良いです。

まとめ

國分さんとはとあるオフ会でお会いしました!
目標は店の経営とありましたが、残念ながら何のお店なのかここでは書けません、、
非常に興味深いお店で、是非僕も行ってみたいです(笑)

國分さん本当にありがとうございました!