埼玉吃音フォーラム2015に参加してきました。


20150324-000919.jpg

埼玉吃音フォーラム2015に参加してきました!
開催される1時間半前くらいに急遽行くことを決め、急いで支度をして家を飛び出しました。結局遅刻しましたけど^^;

僕が着いた頃には30〜40人ほど参加者がいました。
20150324-000908.jpg

概要

開催日時:2015年3月22日 13〜17時
場所:埼玉岩槻駅東口コミュニティセンター
参加料:300円

プログラム

1.開会式
2.マイメッセージ(体験談発表)
3.早坂菊子氏(言語聴覚士・元広島大学教授)の講演
4.言友会の吃音者の社会的支援に関する取り組みについて
5.分科会
6.閉会式

マイメッセージ(体験談発表)

言友会に参加されている方がそれぞれ体験談を発表されてました。

フォーラムに参加している人はほとんどの方が吃音者とはいえ、壇上に立って喋ることはとても緊張するかと思います。
プライバシー的に残念ながら写真をお見せすることは出来ませんが、話の内容に共感することも多くありました。

早坂菊子氏の講演

早坂菊子氏は言語聴覚士、元広島市大学教授、教育学博士、早坂吃音コミュニケーションオフィス所長と活動している方です。

[早坂吃音ワールド]
http://hayasakakituon.blogspot.jp/

今回の講演題材は「ころぴつ まろぴつ 生きる 大人の吃音のかたへ 特に若い吃音の方に向けて」でした。
20150324-000824.jpg

講演では参加者全員で「春がきた」を歌ったり、吃音の向き合い方や発声の仕方などを話されていました。

早坂氏の講演で個人的に印象に残った点は以下ですが、詳しく聞きたい方は早坂氏の治療を受けてみるのも良いかと思います。

・声を柔らかく喋る。”柔らかく”が大事。
・楽な発声が重要。
・体を動かしながら歌うと、より声門が柔らかくなる。
・言葉を置くように、そーっと話す。
・呼気流に乗せて話す。

分科会

以下3つの分科会いずれかに参加する形式でした。
「視野を広げ、自由になろう」
「発達障害者支援法にどう向きあいますか」
「エゴグラムを使った自己分析」

僕は「エゴグラムを使った自己分析」に参加しました。
つまりは性格診断なのですが、吃音者は協調性の高い方が多いそうです。僕自身も協調性が非常に高い結果が出ました。

吃音者の性格について僕も以前から興味を持っており、多くの方は性格が似ているものだと思っていたのですが、
全員が全員同じ結果にはならず異なった特徴をそれぞれ持っており、中には参加者全体の傾向から真逆の結果の人もいました。

エゴグラムの結果に良い悪いもありませんが、自分の性格を変えたいと思っているならば理想的な性格を目指してエゴグラムを利用することができるそうです。

インターネットで”エゴグラム”と検索するだけで沢山のサイトがヒットしますので、興味のある方は是非診断してみてはいかがでしょうか。

20150324-000841.jpg

まとめ

このようなフォーラムは吃音オフ会のように和気あいあいと話したり相談をするイベントではありません。そのため、どちらかというと参加を躊躇してしまう人もいるかもしれません。
しかし参加してみると吃音のことで新しい発見があったり、改善方法だったり、吃音に関しての知識が広がるかと思います。

僕は今回初めての参加でしたが、参加することで吃音の考え方や人脈が広がりました。
是非このようなイベントがある時は参加してみてはいかがでしょうか。